file server 3

Windows 10 home

ENERMAX CS-910XPPB
ASUS PRIME H270-PLUS
SCYTHE 超天 (CHOTEN)
●最近ではマイナーとなってしまった大型のトップフロータイプです。 常時運転なのでしっかり冷却することにしました。
OS Windows10home(x64)
CPU Intel Core i5-7500 (3.4/3.8GHz)
M/B ASUS PRIME H270-PLUS
RAM DDR4-2400 4GB×2=8GB
SAS Adaptec RAID 2805×2
DVD PIONEER DVD-RW DVR-216D
HDD HITACHI HDS721010CLA332 (1TB)
TOSHIBA DT01ACA2 (2TB)×1
TOSHIBA MD04ACA2 (2TB)×1
SAMSUNG HD204UI (2TB)×2
TOSHIBA DT01ACA2 (2TB)×2
TOSHIBA MD04ACA2 (2TB)×2
HITACHI HDS5C3020ALA632 (2TB)×4
TOSHIBA MD04ACA2 (2TB)×1
HITACHI HDS5C3020ALA632 (2TB)×3
CASE ENERMAX CS-910XPPB

2018/09/30
 ファイルサーバーが3代目になります。
 2代目が14年も安定的に動いてくれたおかげで、更新時期を逸してしまい気がつけばOSさえもサポート終了となっています。
 マザーボードがPCI-E (x16)を2レーン持っているので2805コントローラを2枚搭載することができます。
 で、4×2×2で16基のHDDを接続することができるようになるので、2TB/個としても32TBのストレージを構築することができます。
 このため、永年お蔵入りとなっていたCS-910が復活というわけです。
 この筐体は、フロントに10段の5.25インチベイがあり、3段で4個の3.5インチHDDを設置すると4×3=12個のHDDを設置できます。
 また、内部に余裕がありますのでHDD 4個を1単位として2カ所程度設置することも可能ですから4×2=8個、計20個程度のHDDを設置可能なキャパを持っています。